屋根の4回塗りは必要??

こんにちは✨
ハル塗装の田中です!



先日お見積もりいただいたお客様から
こんなお問合せをいただきました!

屋根は3回塗りですか?
一部の業者は4回塗りとなっておりますが
どの程度の違いがあるのでしょうか?




お問い合わせ
ありがとうございます✨





相見積もりしている場合ですと

業者によって見積書に書いてある
塗装回数が違う場合があるので

気になるところですよね😊




今日は同じ疑問をお持ちの方に向けて、
ハル塗装なりの考えを
書かせていただこうと思います。





4回塗りを勧める業者は大抵の場合、
見積書には「4回塗り」とだけ
書いてあるかと思います。



この4回塗りでも、
何を4回塗るのか?

で塗料の持ちは変わります。






突然ですが問題です!!




Q.次の選択のうち、
どちらの塗り方が
屋根を長持ちさせられると思いますか?



選択1.
下塗り1回
中塗り1回
上塗り2回


選択2.
下塗り2回
中塗り1回
上塗り1回



中塗り・上塗りは仕上げの塗料を塗ることを言い、

下塗りはその仕上げ塗料を
密着させるための下塗り材を塗ることを言います😊




なので選択1.は塗料がしっかり。



選択2.は下塗りがしっかり
塗られているということになります。








どちらが正解か分かりましたか😊??









答えは選択2.です😊!






なぜかと言いますと、

いくら塗料がしっかり塗られていて
塗膜に厚みがあったとしても、

土台となる下地がしっかりと
塗られていなかったら
意味がないからです💦




なので、見積書に
『4回塗り」と書いてある場合には

何を4回塗るのか?

確認したいところです😊






それでは
「ハル塗装では何回塗っているの?」
というところですが、

結論からお話しますと

基本的には3回ですが
必要に応じて
4回塗ることもある。



これが答えになります😊








どこの業者でも大概は、

塗料メーカーによる実験で
3回塗ることで効果が発揮される
下塗り剤や塗料を使用しています。




なので通常は基本の3回塗りを
行っているんですね✨




ただ、場合によっては
塗る回数を1回増やすことがあります。





それは
屋根の痛み具合がひどく、
下塗り剤を吸い込んでしまう場合
です。




そんな時は
もう一度下塗りを塗り重ねて
下地を強化してから

中塗り→上塗りと塗り重ねていきます。





上の項で説明したように、
下地がしっかりと塗られていないと
塗料の効果も発揮できない
からです。





この場合は結果として
4回塗りとなりますが、

追加で代金を請求することは
いたしません。



下塗りをすること
  ||
下地を適切な状態にすること。






適切な状態になるまで
塗るのが当たり前


だと考えているからです。



言い換えると

下塗りを吸い込んでしまっていて
適切な状態になっていないのに


塗料を塗り重ねるということを
しないだけ


です😅






そのため、ハル塗装では
お見積もりの段階で

はじめから4回塗り
見積もることもなければ、

結果的に4回塗りになっても
追加でお代を請求しない
のです😊







お見積もりの段階では
お家に足場は組んでありませんから、
ハシゴで屋根の状態を
確認することになります。




屋根にはコケや汚れが
ついていますので、

水洗いしてみなければ
本当の屋根の状態は分かりません。




そして下塗り剤を塗ってみなければ、

『吸い込んでしまうくらい
傷んでいるかどうか?』


なんて、正直わからないのです。






そのため
本当に4回塗りは必要なのか?
実際に施工してみないことにはわからないし、
施工している職人にしか分かりません💦





はじめから4回塗りを前提として
見積もりが出ている場合には

どうして4回塗る必要があるのか?

を、しっかりと確認し
納得した上で契約なさることが大切です😊







とっても長くなりましたが😅

塗り替えをお考えの方の
参考になりましたら幸いです✨






本日もお読みいただきまして
ありがとうございます✨



藤沢市・鎌倉市・茅ヶ崎市
寒川町・綾瀬市・横浜市で

塗装工事・防水工事・内装
その他リフォームのことなら何でも


ご相談ください♪



一級塗装技能士の田中がお伺いいたします!!


ハル塗装
0466-63-8686



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次